RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

東京ディズニーリゾート 初めて行くなら!ここ行っとこう!

初めての東京ディズニーリゾート。
どこにいけばいいのか、何を楽しめばいいのかさっぱりわからない・・・
そんな方におもしろスポットをお届けします。
郵便をだそう
0
    パークの中に郵便ポストがあるのをご存知ですか?
    飾りではなく、ちゃんとした本物のポストなんです。
    ここのポストに投函すると、特別なスタンプを押して配達してくれます。
    はがきや切手もパーク内で販売されているので、わざわざ家から持っていかなくてもいいですよ。
    東京ディズニーランドなら:
    「グランドエンポーリアム」
    「ハウス・オブ・グリーティング」
    「ゴールデンガリオン」
    「トレーディングポスト」
    「おしゃれキャット」
    「ギャグファクトリー/ファイブ・アンド・ダイム」
    「コズミック・エンカウンター」

    東京ディズニーシーなら:
    「エンポーリオ」
    「ガッレリーア・ディズニー」
    「イル・ポスティーノ・ステーショナリー」
    「アグラバーマーケットプレイス」
    「スリーピーホエール・ショップ」

    に行ってみてください。

    オススメは、ハガキと切手を購入後、それにキャラクターからサインをもらって自宅に送ることです。
    自宅に届いたらアルバムに貼って、思い出のアイテムとして保管してみてください。

    ちなみにスタンプはどこに押されるかわかりません。
    「ここにスタンプをお願い!」とか書いて丸でもつけておくと、もしかするとそこへ押してくれる、、、かも(やったことないのでわかりません(^◇^;))。

    | 東京ディズニーリゾート | 11:19 | - | - | - | - |
    最近のディズニーリゾート
    0
      ここ数年、東京ディズニーランドと東京ディズニーシーの混み具合にかなり差が出ているような気がしています。
      なるべく週末はさけ、平日に行っているので平日のお話になるのですが、ディズニーランドの混み具合が尋常ではない気がします。
      やはり小さなお子さんがいるご家族は、キャラクターの多いディズニーランドに行ってしまうのかもしれませんね。
      そして数年前までは、小さなお子さんがいるご家族はエレクトリカルパレードか、最後の花火が終わるとけっこう帰られていたんですが、最近は小さなお子さんも閉園まで連れてらっしゃる方が多いです。
      まあほとんどのお子さんは疲れてベビーカーで寝てるんですが。


      ディズニーシーができてすぐの頃はディズニーランドはかなりすいていて、「プーさんのハニーハント」ですら30分ぐらい(ファストパスじゃなくてですよ)の待ち時間で乗ることができ、マウンテン系のジェットコースターものはすべて待ち時間がなかったという、今から思うとまさしく夢のような状態でした。

      ディズニーシーがちょっぴり大人向けというところにも来客の差があるのかもしれません。
      ディズニーシーの方が、激しい(?)アトラクションも多いですしね。

      ですからカップルの方はディズニーシーに行く方がのんびり過ごせると思います。
      | 東京ディズニーリゾート | 17:59 | - | - | - | - |
      オリジナルグッズをつくろう
      0
        東京ディズニーランドでも東京ディズニーシーでも、遊びに行ったらぜひ自分だけのオリジナルグッズを作ってみてはいかがでしょうか。
        そのときそのときのイベントに合ったストラップやペンダントなどを自分で作ることができます。

        ストラップの場合は、自分の名前のアルファベットを選んだり、いくつかモチーフもありますのでそこから選んで自分だけのデザインを楽しむことができます。
        たとえばクリスマスの頃なら、サンタの帽子をかぶったミッキーマウス、トナカイの角をつけたプルートなどのモチーフに自分のアルファベットをプラス、といった感じです。

        イベントに関するオリジナルグッズは、パークの中央のワゴンでオーダーすることがほとんどです。
        そして混むと商品をもらうまで数時間かかるので、行列がすくのを待ちすぎないようにご注意くださいね。

        ペンダントの場合は、たとえばカップルで行ったなら記念にお二人の名前を行った日とともに刻むなんてことができます。

        東京ディズニーランドでは、昔からグラスに自分の名前を彫ってもらうことができました。
        (もちろん今でもできます)
        他にも自分の名前を入れることができるグッズがけっこうあるのでぜひ探してみてください。
        ガラスのグッズはシンデレラ城に行ってみてくださいね。
        ガラスの靴にも名前を彫ってもらえる(はずです(^◇^;))


        | 東京ディズニーリゾート | 21:02 | - | - | - | - |
        ちびっこエリアで遊ぼう
        0
          東京ディズニーランドにも東京ディズニーシーにも、特に小さなお子さん用のエリアがあります。

          ディズニーランドなら「トゥーンタウン」、ディズニーシーなら「マーメイドラグーン」です。

          ここのアトラクションはお子さんでも楽しめるようにジェットコースターも軽めですし、その他のものも動きがゆっくりしていたりして刺激を求める大人の方は特にスルーしてしまいがちのようです。

          でもこのエリアにも大人でも十分楽しめるものがあります。
          「トゥーンタウン」では、《キャラクターに会いたい:ミッキーマウス》にも書きましたが、「ミッキーの家とミート・ミッキー」に行くと本物のミッキーに会うことができます。

          またトゥーンタウン内をしょっちゅううろうろしているのがグーフィーとチップ&デールです。
          グーフィーまたはチップ&デールが大好きな方はトゥーンタウンに行くといいですよ。

          「マーメイドラグーン」では、私がおすすめするのは「マーメイドラグーンシアター」でおこなわれるショーです。
          アリエルたちが出てくるのですが、館内全体が海底という設定のため、アリエルたちが水中を泳ぎまわる、つまり空中をぐるぐる回転しながらまるで本当に泳ぎ回っているかのように動き回るのです。
          この様子が本当にすごくて感動します。

          また、「アリエルと写真が撮りたい!」という方には、「アリエルのグリーティンググロット」がオススメです。

          チビッコ用エリアといえども魅力はたくさんありますのでぜひ立ち寄ってみてください。
          | 東京ディズニーリゾート | 11:20 | - | - | - | - |
          遊び心のあるレストラン
          0
            東京ディズニーランドの中にも、東京ディズニーシーの中にもレストランがたくさんあります。
            普通のレストランもありますが、中には外見や内装がとってもユニークなものもあります。

            たとえばディズニーランドなら「ブルーバイユーレストラン」。
            (画像はこちら
            このレストラン、入り口は全く普通のレストランに見えるのですが食べる場所がユニークなんです。
            実はこのレストラン、アトラクション「カリブの海賊」とつながっているのです。
            「カリブの海賊」に乗ると、最初の方で広い空間に出てきます。そして右手にはなんだかがやがやと人の声がする、レストランが見えてくるのですがこのレストランが「ブルーバイユーレストラン」なのです。
            灯りは暗く、雰囲気のあるレストランなのでどちらかというとご家族よりカップルにおすすめです。

            そして私が好きなレストランの1つでもある「クイーン・オブ・ハートのバンケットホール」。
            (画像はこちら
            このレストランは、レストラン自体が「不思議の国のアリス」に出てくるハートの女王のお城という設定なのです。
            入り口やレストランの中にトランプの兵隊たちがいてしっかりお城を守っています。
            上からハートの女王がみなさんをお出迎えしているので探してみてくださいね。

            そしてディズニーシーなら「S.S.コロンビア・ダイニングルーム」。
            (画像はこちら

            このレストランは、最高級の豪華客船S.S.コロンビア号のメインダイニングでお食事ができるという設定です。
            中は本当の船の中のようでとてもきれいですよ。
            このレストランもどちらかというとカップル向けですね。


            レストランの中にはプライオリティー・シーティングという制度があるものがあります。
            これは、パークがオープンしたときから各レストランで時間指定のカードを配布しているのでそれを受け取り、カードの時間にレストランに行くというものです。
            ただしこのカード、枚数に制限があり、もらいにいったらもうなかったという場合もけっこうあります。
            絶対行きたい!という場合はパーク開園のかなり前から並んで入園後ダッシュ!です。
            | 東京ディズニーリゾート | 12:13 | - | - | - | - |
            プチプレゼントをもらおう
            0
              パークの入り口でチケットを改札に通したら、改札のお姉さんのすぐ後ろにある冊子を必ず取りましょう。
              当日どんなパレードやイベントやショーがあるのか時間が全て書いてあるスケジュールや、月ごとのパークの紹介のある冊子が置いてあります。
              スケジュールの書いてある冊子は「トゥデイ」というタイトルです。

              この冊子の中にプレゼントをくれる日が書いてあります。
              ボタンだったり、クリップだったりパークによってプレゼントは違います。
              プレゼントがもらえる日はキャラクターたちの誕生日やイベント・記念日にちなんだ日で、毎日もらえるというわけではありません。
              たとえば私は12月5日に東京ディズニーシーでクリップをもらいました。
              この日はウォルト・ディズニーの誕生日だったのです。
              「蒸気船ウィリー」のミッキーマウスが描かれたとてもかわいいクリップでなんだか得した気分でした。
              イベントの開始日、終了日、キャラクターの誕生日あたりがねらい目かも。
              そしてディズニーランドとディズニーシーの両方で配っているわけではありませんのでご注意くださいね。
              たとえば上記のクリップですが、配っていたのはディズニーシーだけでディズニーランドでは配っていませんでした。
              12月5日はウォルト・ディズニーの誕生日なのでディズニーシーでクリップをプレゼント、12月11日はマリーの誕生日なのでディズニーランドでボタンをプレゼント、といった具合です。

              ちなみにこのプレゼントは入場するときにいただけますが、その当日のチケットを持っている方に限定され、1人1個しかもらえませんのでご注意を。
              | 東京ディズニーリゾート | 10:49 | - | - | - | - |
              ワゴンのスナックを楽しもう
              0
                東京ディズニーランド、東京ディズニーシーともにパークの通りの端にワゴンがけっこうあります。
                このワゴンでは、グッズを売っていたりスイーツや軽食を売っていたりします。
                季節によって販売しているものは違います。
                今日はこのワゴンの中でも食べ物に限定して書こうと思います。

                もちろんどちらのパークでもものすごい列なのはポップコーンのワゴンです。
                エリアや場所によって味が違うので、またポップコーンかーと思わずにどんな味のポップコーンかチェックしてみるのもおもしろいですよ。
                はちみつ味やカプチーノ味、ちょっと変わったものなら以前はカレー味なんかも見かけましたが今でもあるのかな?

                ポップコーンの他には:
                東京ディズニーランドで人気があるのは、やはりチュロスでしょうね。
                そして私が個人的に気に入っているのはトゥーンタウンにあるプレッツェルです。
                これはもしかすると冬しか販売していないかもしれません。
                いつもここでプレッツェルを買ってむしゃむしゃ食べながらミッキーに会うべく順番を待つことにしています。
                夏は各所でアイスキャンディーを販売しています。
                毎年ミッキーの形のかわいいアイスを販売しているのでぜひ食べてみてくださいね。

                そして・・・
                ワゴンではないのですが、ディズニーランドに行ったらぜひ食べてみていただきたいのが、ミッキーの形をしたワッフルです。
                ベルギーワッフルをイメージしているとその大きさにびっくりすると思いますので、小腹がすいたときにどうぞ。
                お店はこちら

                東京ディズニーシーで一番人気なのは何と言っても「ギョウザドック」でしょう。
                いつも長蛇の列です。
                ワゴンのご紹介はこちら

                そしてまたもや私が個人的にオススメなのが、シーソルトアイスです。
                これは文字通り塩味のアイス。
                最近塩系スイーツがはやっていますが、このアイスはかなり前からあるんですよ。
                もしかするとディズニーシーができた当初からあったかも。
                こうしてみると、なかなか先見の明があるというか、時代を先取りしまくっていたということになりますね。
                初めて名前を見たとき
                「え!?塩味のアイス!?」
                と思ったのですが、なんとなく惹かれて買ってみました。
                ほんのり塩味がするかなーというぐらいで、しょっぱいとかいうわけではなくでも白いけどバニラ味ではない、おいしいけれど不思議な味でした。
                すっかりこれが気に入ってしまい、ディズニーシーに行くたびに買って食べています(私だけですがね(^◇^;))。
                この間はクリスマスシーズンで初冬に行ったにもかかわらず、またもやこれを買ってマーメイドラグーンの岩に腰掛けてむしゃむしゃ食べていました。
                すると通りかかる人たちがほとんど全員こそこそと
                「あれ、何?なんかすごいおいしそう。あれ食べようよ。」
                と言ってこちらを見ているのに気づきました。
                TDSさん、私、貢献してますよ(^▽^笑)
                | 東京ディズニーリゾート | 10:18 | - | - | - | - |
                スーベニアを集めよう
                0
                  スーベニアとは何でしょう。
                  。。。調べてみました(^◇^;)
                  「贈り物」「お土産」「記念品」といった意味があるそうです。
                  なるほど、納得です(^▽^笑)

                  東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、季節やイベントごとに違ったデザインのスーベニアカップやスーベニアプレートというものがあります。
                  これはカップやプレートだけが売られているのではなく、中にそのとき限定のプリンやババロア、ケーキなどのスイーツが入っているのです。
                  つまり、期間限定のスイーツを食べてその後は食器を記念にお持ち帰り、というわけです。
                  昔は直接スイーツが入っていたので、食べ終わった後トイレで中を洗っていたのですが(でないとかばんの中が大変なことになっちゃいますからね)、最近はスイーツはプラスチックのカップに入っていたり食器を入れる袋もくれるので食べた後すぐにかばんに入れることができるようになっています。

                  カップやプレートだけがお持ち帰りできるアイテムではありませんよ。
                  ポップコーンを買えば首からぶらさげられるかわいい入れ物(スーベニアバケット)がありますし、ランチボックス付のハンバーガーセットなどもあります。
                  ドリンクを飲むときは、ストロー付のかわいいスーベニアカップに入れることもできます。
                  お店によって置いているデザインやアイテムが違いますので、いろんなお店に顔を出してみてくださいね。
                  一部は公式サイトで紹介されることもあります。
                  公式サイト

                  最近はどうなのかわからないんですが、夏になるとかき氷をキャラクターの頭の形をした透明のカップに入れてくれるということもありました。

                  期間限定のものが多いので、ぜひぜひ旅行の思い出にどうぞ。
                  | 東京ディズニーリゾート | 17:05 | - | - | - | - |
                  乗り物に乗ろう
                  0
                    東京ディズニーシーができたとき、それまで東京ディズニーランドだけだった場所はすっかり整備されて東京ディズニーリゾートになりました。
                    このときに新たに登場したのが、「ディズニーリゾートライン」と「ディズニーリゾートクルーザー」です。

                    この2つ、ただの移動手段と思っていると大間違いです。
                    いやまあ、移動手段といえば移動手段なんですが作りが本当にかわいいんです。

                    ディズニーリゾートラインはモノレールで、おおまかにいうとディズニーランド、ディズニーシー、ホテル群の前をぐるぐる回っています。
                    (画像はこちら。)
                    初めてこのリゾートラインに乗った人からは必ず「わあ!!ラブ」という歓喜の声があがるので、すぐに《ああ、この人初めて乗ったんやなあ》とわかります。
                    窓の形もミッキー、つり革もミッキーモチーフ、各車両の端にはアンティークなキャラクターグッズが飾られていてとってもかわいいんです。
                    つり革とか持って帰りたいぐらいです(使い道ないですけど)。
                    そして椅子の形がまるでソファーのようで、ものすごくくつろげるのです。

                    ディズニーリゾートクルーザーは、ディズニーアンバサダーホテルまたは東京ディズニーリゾートオフィシャルホテルとパークをつなぐ無料のシャトルバスのことです。
                    以前は普通のバスだったんですが、リゾート化されたときにこのクルーザーが出てきました。
                    (画像はこちら。)
                    これもただのバスではなく、外見からしてミッキーアイコンだらけ。
                    乗る前からわくわく度を高めてくれます。
                    このバスもつり革もミッキーモチーフだったりと非常にかわいい内装です。
                    中身を見回しているうちにどこからか、
                    「しゅっぱーつ!」
                    とミッキー車掌の声が聞こえてきます。
                    パークについたら
                    「いってらっしゃーい!」
                    とまたもやミッキー車掌が送り出してくれます。

                    この2つの乗り物に乗るだけでもテンションが上がりまくりますよ。
                    | 東京ディズニーリゾート | 13:16 | - | - | - | - |
                    決めすぎず決めなさすぎず
                    0
                      ディズニーリゾートへ初めて行かれる方ならば、きっと行く前から入念なプランを練って当日に臨まれることでしょうね。

                      よくありがちなプランの立て方としては、
                      「エントランスのここからじゃあ時計回りにまわろっか。ここのエリアではこれに乗って、その次このエリアではこれに乗って。。。」
                      とどうしても乗りたいアトラクションにチェックを入れて、順番に乗っていく、、、そのうちお昼の12時ごろになってまた並びに並んでお昼、その後パレードが始まるのを待つか、パレードぎりぎりまでアトラクションに並ぶか。。。
                      パレードが終わったらまた順番に回って並びまくってアトラクションに乗り、夕方のショーを見てまた並びまくって夕食、その後花火を見て閉園ぎりぎりまでまたアトラクションに並び、帰りにまたもや人であふれかえるショップでおみや選び。

                      たいていの方がこういう遊び方をして心身ともにドロドロになってホテルへ行き、死んだように倒れこむ、なんてパターンなのではないでしょうか。

                      今日はいつも私がやっているパークでの過ごし方を書こうと思います。
                      でも同じように過ごす人が増えるとそれはそれで困るので本当はちょっと控えておきたいんですけど(^◇^;)

                      大抵乗りたいアトラクションには乗れるもんです。
                      なのでもうこのエリアに来たんだから絶対これに乗る!何が何でも!と決め込んでしまわず、パークを何周も回るぐらいの気持ちでいましょう。
                      自分のお目当てのアトラクションの前にきたら、まず何分待ちなのかチェックします。
                      さほど並んでなかったり、「これぐらいなら待ってもいいかな」ぐらいの待ち時間ならそこですぐに乗りましょう。
                      1時間待ち以上とかであれば、一旦スルーすることをおすすめします。
                      そして散歩するような気分でパーク内をぐるぐるゆっくり回るんです。たまたま通りかかったアトラクションがめちゃくちゃすいていたらそこで乗っちゃいましょう。
                      自分のお目当てでなくても、予想外に楽しいことも多々ありますしね。
                      こうしながらお目当てのアトラクションが空いてくるのをひたすら狙います。
                      待ち時間が書いてあるボードもパーク内にあるので、いちいちそこまで行かなくてもボードを見てくださいね。

                      そして絶対に活用すべきなのはファストパスです。
                      ファストパスは無料で発行してくれる券で、これを持っていると普通に並んで乗るよりも待ち時間がぐっと短縮されるというステキな券です。
                      ただし1つ発行すると、他のアトラクションのファストパスはしばらく獲得できませんので一番乗りたいアトラクションのファストパスをとっととgetしておきましょう。

                      注意点は、
                      全てのアトラクションにファストパスがあるわけではありません。ファストパスがないアトラクションは、上記のやり方でひたすら待ち時間が少なくなるときを待ちましょう。

                      パレードやイベントの時間と重ならないか十分に注意しましょう。
                      ファストパスは有効な時間が決まっています。
                      ファストパスに書かれている時間帯でしか、有効にはなりません。
                      ファストパスを発行する機械の上に、「今、何時〜何時までの間に有効なファストパスを発行中ですよ」という掲示板があるので、それを見ながらチェックしてくださいね。
                      もちろん、「今日はもうパレード見ない」と決めているのであれば時間を気にせず発行しちゃいましょう。

                      ファストパスは発行枚数が限られています。
                      人気のあるアトラクションのファストパスは午前中のうちに発行終了になったりもするので、あまりゆっくりしているとgetできないこともあります。


                      それから、ごはんの時間をなるべく人とずらしましょう。
                      早め早めに食べるのがオススメです。
                      たとえば朝はあまり食べずに、11時〜12時までの間に昼食をすませ、17時〜18時の間に夕食を済ませてしまいます。
                      小腹がすいたら、ポップコーンなどおいしいお菓子がワゴンでたくさん販売されているのでそれをムシャムシャ食べちゃいましょう。
                      また、パークの外でごはんを食べるという手もあります。
                      パークは手にスタンプを押してもらえば、再入場できます。
                      イクスピアリなんて近くてちょうどいいですよ。


                      そしてふらふらしている間に、おみやのチェックもしちゃいましょう。
                      どのアトラクションも混み混みで、お話にならないようならちょっと一休み。
                      もちろんベンチで休憩してもいいですが、こんな時間にこそお店に入ってショッピングを楽しむといいですよ。
                      大きなものは邪魔になるので「帰りにここでこれだけ買おう」と決めておき、小さな、かばんに入るようなものはここで買ってしまいましょうね。


                      大抵はこれで一日楽しくゆっくり過ごせ、お目当てのアトラクションにも気づけば全部乗れていたりすることが多いのですが、中には一日中ちっとも待ち時間が縮まらないものもあります。
                      そんなときは観念して待つしかありません。
                      でも1つ1つのアトラクションに並んでいくんじゃなくて、極力待ち時間の長いものは後に回して乗りましょう。

                      ちなみにパレードやイベントを見なくてもいいという方はもちろんこの間に乗るのがオススメです。
                      絶対すきますから(^▽^笑)
                      また、たとえば「ビッグサンダーマウンテンに乗りたい。でもパレードも見たい」と決めているならば、パレードを見るとき、ビッグサンダーマウンテンのすぐ近くで見て、パレードが終わったらダッシュ、という手もあります。
                      ただし本当にダッシュしないと、少し出遅れると通常よりも人が並んでしまっていることもあるので、そのときはあきらめて後ですいてくるのを待った方がかしこいと思います。

                      何をするのか、何が見たいのか全く決めずに行くとどうしたらいいのかわからないと思いますが、がちがちに決めて行ってしまうと待ったり並んだりした思い出しか残らないと思いますので、やんわりとだけプランをたてて柔軟に動きましょう。
                      | 東京ディズニーリゾート | 14:08 | - | - | - | - |